ウェブカツ!!女性割引でプログラミング(4ヶ月経過)

ウェブカツ!!女性割引でプログラミング(4ヶ月経過)

3ヵ月半~4ヶ月の進捗

オンラインプログラミングスクール「ウェブカツ!!」に女性割引で入部してますrukaです。今回も進捗を報告していこうと思います。

3ヶ月半~4ヶ月までのプログラミング学習の進捗から振り返っていきたいと思います。

  • Progate PHPⅠ,PHP Ⅱ 途中まで
  • WEBサービス部 Lesson10~19 (視聴&印刷コードに書き込み)


プログラミングの学習時間は(1日目~累計)
ウェブカツ:107時間 補足:92時間 でした。

コード量に圧倒される

前回に引き続きWEBサービス部を進めています。
Lesson19までの視聴(2回目)をしましたが、やはり今までに比べて圧倒的なプログラミングコード量です・・・!

WEBサービス部に入る前にアウトプットしていたので今のところは、コードの理解はそこそこできているのではないかと思います。

ただ、これを一から自分でプログラミングできるかって言われたら全然ですね。最後のLessonまで行ったら初めから写経しようと考えていますがどこまでいけるのやら。顧問もひたすらプログラミングコードを書くこと!と言っているのでここで沢山コードを書けばまた違ってくるのかも。と少しは期待しているのですが。

WEBサービス部では、今までのレッスン内容で解説済みの内容についても再度説明がされていて、丁寧に作られていると思いました。

しかし、わざとコードを間違えて書かかれている箇所があるのでそういう所に気がつけるだろうかとか不安が絶えないです。質問欄で確認できるところもあるのですが、それ以外の部分があったとして気がつけるだろうかと。

環境設定に苦戦

今まで、環境設定で詰まる所はありませんでしたが、Lesson15で環境設定に苦戦することとなりました。

ローカル環境でのメール送信をするための設定が必要となるのですが、この設定方法はMacを使用していることを前提に説明されています。

Macには予めインストールされている postfix というMTAプログラムがあって、それを設定していくのですが、私がプログラミング学習で使用しているWindowsにはpostfixがインストールされていません。

そこで、postfixがインストールできないかググりにググりまくったのですが・・Windowsにインストールする方法は見つけられませんでした。

しかし、Windowsでもローカル環境でメール送信する方法を発見しました。

東京消息
【XAMPP】mailtodisk.exeを使ってphpのmb_send_mailをテストする時の設定方法

CroughtBlog
【PHPでメール送信】XAMPPのローカル環境上でPHPを使って自分のgmailからメールを送信する


どうやらXAMPPであれば、設定できるようです。

しかし、MAMPを使用しているためXAMPPをインストールする必要があるのと、データベースを再度登録しなおさなければなりません。

ここであまり時間を割きたくなかったので、とりあえずローカルメール設定はせずに進めて行き、アウトプットの段階で導入していきたいと思います。

WEBサービス部での気付き

早速WEBサービス部で苦戦している訳ですが、大量のプログラミングコードの中でいくつか気付きもありました。

何度も出てくるコードや、同じようなコードが出てきますし、理解度の低いコードでも、理解できたりすることがあります。

引数

functionをつけて関数を自作している。()内には仮の引数( 仮引数 )を入れておく。関数内では仮の引数を使った処理を書いておく。
左の画像の関数(処理の塊)に実際の引数(実引数)を渡している。実際の処理はこの引数を用いて実行する。




データベース接続

データベース接続のコード。dbConnect();という関数を作って処理コードを詰めている。
データベースの接続には上で作成した自作関数bdConnect();を使用ている。


多次元配列

WEBサービス部で初めて登場ました。2次元配列です。この画像の場合は、pic1の連想配列の中にnameという連想配列が入っている、という形です。

参考サイト
Qiita
PHPの多次元配列と連想配列についてのサンプル。

PHP側で用意された関数(組み込み関数)

PHPにはもともと用意された関数が沢山あります。
用途に合わせて関数を使えばいいので、プログラミングが捗ります。

session_start();
セッション開始

session_destroy();
セッション削除

require(‘ファイル名’);
外部ファイルを読み込み、実行

header(“Location:URL”);
ページ遷移

isset(引数);
引数に値が入っているかどうか判定する。empty (引数); と違い、空文字、0、false でも trueとなる。(NULL以外 は入っていると判断)

PHPにはこの他にも沢山の組み込み関数があるので、アウトプットの際にはそういったものも盛り込んでいきたいです。

WEBサービス部攻略にはまだまだ時間がかかりそうですが、沢山プログラミングコードを書いて乗り越えていきたいと思います。



前回の記事もどうぞ⇒ウェブカツ!!女性割引でプログラミング(3ヶ半月経過)


プログラミング学習オンラインスクールウェブカツ!!で学んでいます。
アフィリエイトではないのでご安心ください。思ったまま感じたまま綴っております。 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA